BEAUTIFUL BREAKTHROUGH

ビューティフル・ブレークスルー。
ブランドコンサルティングを通じて、私たちが届けする品質です。近年ブランドが担う役割の幅が格段に広がりました。ステークホルダーの価値基準とコミュニケーション手段の変化が背景にあります。リスキーブランドは企業のブランド戦略に特化した、国内有数のブランドコンサルティング・ファームです。統計、市場戦略、デザインの力、数多くの経験値をもとに、格別のブランディングと美しいブレークスルーをお届けします。

リサーチ

顧客、競合動向、自社の立ち位置を正しく認識すること。リサーチは、ブランドづくりの鍵を握ります。私たちは、リサーチのプロセスを重視することで、ブランドコンサルティングの精度を高めます。

変化を知ること

変化は、後になれば気づいても、その時点では気づきにくい場合が少なくありません。気が付いていても共通認識が形成できないこともあります。
ブランド戦略を考える上で、顧客ニーズの変化、競合他社や他業界で起きている変化、社内の変化。ブランド戦略を組み立てるにはこれらの変化を正しく知る必要があるでしょう。

リサーチの専門性

私たちのリサーチの専門性は、こうした変化を知るためにあります。永年蓄積された価値観の定量化リサーチ、多変量解析をはじめとした分析ノウハウ、今ある情報から将来を推論する経験値が私たちの強みです。

「何故」を掘り下げる力

アンケートの結果を単純に分析するだけでは判断を間違ってしまうこともあります。ルイ・ヴィトンを買った人が「長持ちするから」と答えたからといって、その人が本当に耐久性でルイ・ヴィトンを選んだのだと判断することはできません。事実を知ることと当時に、事実の背景にある理由を掘り下げることで答えが見えてくることがあります。鍵は「何故」を掘り下げることにあると私たちは考えています。

そのためには、リサーチの知識に習熟していることはもちろん、ビジネスの経験、商品やトレンドなど幅広い分野の知識が必要です。私たちは、リサーチの専門性と経験値を高めると同時に、事実と背景にある心理、想定されるシナリオ、クライアント企業に分かりやすく伝達するプロセスを大切にしています。

ストラテジー

戦略はすべてのブランド戦略の土台。私たちは、ブランドの未来を描くこと、そこに至る戦略のロジックを重視しています。

すべきこと・できること・したいこと

ブランド戦略の場面では、私たちは「すべきこと・できること・したいこと」という3つの観点からそのブランドの将来を議論します。
「すべきこと」は時代や市場からの要求、「できること」は自社の資産を活かせる可能性、「したいこと」は当事者の情熱です。私たちは、すべきこと・できること・したいことを冷静に、しかし前向きに洗い出すことが強いブランドをつくるための土台になると考えます。

理念・領域・指針

戦略は、国家戦略であれブランド戦略であれ、ほとんどのケースで「理念・領域・指針」の3つの階層から形成されています。それは、強いブランドをつくるための骨組みです。「理念」はその企業や商品が存在する理由。当事者の求心力となる支柱です。「領域」はその企業や商品が力を注ぐ場所。自社資源の効率的な運用のための枠組みです。「指針」は企業や製品づくりの指針、そしてそれを支える従業員の言動の指針が含まれます。そのブランドらしさを形作り、強いブランドを作ります。

私たちは、クライアント企業とともに、理念・領域・指針に立ち戻り、時にはそれらを見直すことで、当事者が共感できる骨太のブランド戦略づくりを支援します。

論理、そして運用の仕組み

ブランドは、短期的なカンフル剤ではなく、様々な施策の効果を高めていく無形の資産価値です。ロゴの制作、タグラインの設定、イメージ展開だけではブランドは作られません。ブランド戦略における論理性を高めることで実行施策の精度が高まります。ブランド価値を高めるためのPDCAを正しく回していくことで、ブランドが作られ、その資産価値が高まっていくと私たちは考えます。

デザイン

デザインは、ブランド価値を大きく左右します。私たちは、過去の常識に囚われず、上質なクリエイティビティを追及することで、強いブランドづくりをお手伝いします。

デザインの力

デザインはその場の空気を一変させます。デザインの力が、商品や企業のイメージ、あるいは市場そのものを一変させた事例は数えきれません。どんなに優れた性能をもった製品もどんなに高邁な思想も、それが魅力的に見えなければ、その価値は半減します。

機能価値と感性価値

デザインは、機能・性能を飾るものではなく、それらと並んで商品価値の一部を形成する感性価値と位置付けられます。「感性価値」は印象など感覚による主観的な価値、「機能価値」は機能・効能などの客観的な価値だとすると、リスキーブランドの調査では、商品価値に占める感性価値の比率は、衣服/ファッションが59%、自動車が41%、パソコンが31%という数値を示します。300万円の自動車を例にとると、顧客は感性価値、つまりデザインやイメージに123万円のお金を払っていることになります。

LOOK & FEELのマネジメント

デザインはブランドの魅力を左右する大切な要素です。長期間にわたり、どのような地域・場面でも好ましいイメージを訴求していくことでブランド価値を高めます。私たちは、受け手の立場に立ち、LOOK & FEELのマネジメントを支援します。LOOK & FEELのマネジメントには、ロゴだけではなく、カラー戦略、書体、グリッドシステム、写真のモチーフや処理を含めたすべてのイメージ戦略が含まれます。

リサーチ|ストラテジー|デザイン

ブランドのこと、
お気軽にお問合せください。

リスキーブランドは企業のブランド戦略に特化した、国内有数のブランドコンサルティング・ファームです。統計、市場戦略、デザインの力、数多くの経験値をもとに、格別のブランディングと美しいブレークスルーをお届けします。
「美しいデザイン、アイディア、思想を通じて、企業そして社会をより良い姿に変えていきたい。」2001年の創業以来変わらない私たちの哲学です。

Contact Us