SAKIYOMIとは

10年後、20年後、生活者は何を考え、どういった生活を送っているだろうか?そこでは、当社は何を準備していくべきなのだろうか?

SAKIYOMIは、こうしたテーマから考えるリサーチ&コンサルティングサービスです。将来予測の精度を高めることよりも、ロングレンジでみた顧客(=市場)の様相とクライアント企業にとっての基軸を提案することを目的としています。リスキーブランドの、世代研究をはじめとするリサーチの経験値、ブランド戦略コンサルティングを通じて蓄積した長期レンジでの価値創造の知見が、SAKIYOMIに活かされます。

SAKIYOMIは、自動車、住宅関連、テクノロジー産業など、中長期の視点が事業に大きな意味をもつ企業からのニーズにお応えしています

進め方

クライアント企業のメンバーとリスキーブランドのコンサルタントからなるチームを形成し、多くの場合6か月前後の期間のプロジェクトという形でSAKIYOMIは進められます。

プロジェクトの枠組みは、1.仮説構築、2.リサーチ、3.とりまとめの3つのフェーズから形成されます。

  1. 仮説構築フェーズでは、デスクリサーチやブレーンストーミングを通じて、クライアント企業にとっての将来市場を左右するであろうメガトレンド、そこから発生するであろうライフトレンドの様相を仮説的に描きます。年齢構造や所得階級など人口動態の変化、テクノロジーや情報経路の変化、グローバル化やダイバーシティ。それらに伴う世論や価値観の変化・世代による違いなど多面的な角度からテーマが設定されます。
  2. リサーチフェーズは、仮説構築フェーズで設定されたテーマを深掘りするための知見を得るのが目的です。例えば、国内外の有識者や特定セグメントへの取材などを通じて、将来を左右するかもしれない萌芽の背景や因果関係についての知見を得ます。
  3. とりまとめフェーズでは、プロジェクトで得た知見をクライアント企業にとって意義あるストーリーにとりまとめるのが目的です。知見は、メガトレンド、ライフトレンド、クライアント企業にとってのインサイトとしてブラッシュアップされます。

SAKIYOMIは、企業の中長期戦略やロードマップ、商品企画などに活用されます。

インサイト SERVICES

  1. MINDVOICE®
  2. MINDSET®
  3. SAKIYOMI
  4. ペルソナ
  5. 世代研究
  6. フォーカスグループ
  7. エスノグラフィー
  8. 海外リサーチ