JPN | ENG

FabMeetUp_Kozuka1
News_kyoto

カテゴリー

Design, News

パーソナルロボットのデザイン講演を行いました。

2015年12月23日、Fab Meetup Kyoto Vol.1(「つくる」をテーマにしたプレゼンテーションイベント)で、サンフランシスコに拠点を置く起業家 井口尊仁氏と「パーソナルロボットのプロダクトデザイン」をテーマに共同講演を行いました。

Fab Meetup Kyoto Vol.1
主催: MTRL KYOTO
日時: 2015年12月23日(Wed)18:00〜20:00
登壇: 井口尊仁 (DOKI DOKI, INC. / CEO)
    小塚詔明 (リスキーブランド / 取締役)
    青野真耶人(リスキーブランド / コンサルタント)

リスキーブランドは、現在DOKIDOKI,INC.と共同開発中のパーソナルロボット「BABY ROBOT」のデザインプロセスについて講演を行いました。70名の聴講者で満席となった会場からは、「起業家とデザイナーの理想の関係」、「世に存在しない製品カテゴリーのデザイン手法」や「デザインプロジェクトにおける非デザイナーが果たす役割」などに関する質問が投げかけられ、多くの関心が寄せられました。

FabMeetUp_MIX

(以下 Fab Meetup Kyoto Vol.1 紹介文より)

「BABY ROBOT PROJECT」
“スマートフォンは既に熟成し、パーソナルなコンピュータは進化の極にいると思われている。ところが、その一方人と人のコミュニケーションはデジタル化を経てますますストレスが多く、自然な情感を常に失いがち。人が人を理解し、情報を共有し、お互いが共に生きていく上で何か大切なパーツが抜け落ちているのではないか?パーソナルなロボットが我々の世界に近い将来生まれ、育まれるとすれば、それは新しいエモーショナルな繋がりの再構築ではないだろうか?
我々は、そのビジョンを元にベイビーロボットを開発している。それは無垢で純粋で愛らしい存在。人と人の間をエモーショナルに繋ぎ合わせるエージェントなのだ。”

進行中の「BABY ROBOT PROJECT」のデザインプロセスを、Fab Meetup Kyotoで初公開。当日は、モックアップを生で見て、そして実際に触れる貴重な機会に!

page top

←「News & Topics」に戻る

work_side

日本人の仕事意識[MINDVOICE]

「仕事が好き」なビジネスマンは45%、2008年の60%から15ポイント減少
男性ベテラン社員が少々深刻
「仕事が好き」な社員を増やすには、社風や仕事の進め方に改善のヒント!?
SNS_SIDE03

SNSユーザー動向分析[MINDVOICE]


LINEは「癒されたい甘えん坊さん」、Twitterは「他人と距離をおく甘えん坊さん」、Instagramは「感性派」、Facebookは「視野を広げたい体験派」
sub
カーシェアリング利用者の3割は『マイカー欲しい』派、2割が『マイカー要らない』派。
DMM_SEMINAR_GRID

ブランディング
セミナー

RISKYBRAND×
DMM.make AKIBA
Mynavi_GRID_kouhen

対談
マイナビブランドは何故成功したのか?


[後編]
Mynavi_GRID_zenhen

対談
マイナビブランドは何故成功したのか?


[前編]
ACTWATER_GRID_N

水分補給ゼリー「アクトウォーター」
パッケージデザイン

news_kyoto_grid_360

パーソナルロボットのデザイン

2015年12月23日、Fab Meetup Kyotoにて、サンフランシスコに拠点を置く起業家 井口尊仁氏と「パーソナルロボットのプロダクトデザイン」をテーマに共同講演を行いました。
More