医療の現場では医師不足・過剰な労働環境(当直)などが、介護の現場では介護士やケアマネージャーの不足・QOL維持が難しい介護環境なども課題が存在します。

株式会社アルムは、こうした課題を解決すべく、日本発のICT技術によって世界標準の医療介護情報の連携システムを目指している企業です。NTTドコモとの提携によって、アルムの医療情報連携サービスは既に国内では慈恵医大などの45施設が、介護の現場では100以上の施設に導入されています。北米・南米、欧州、アジアなどの医療機関にも急速に導入が進みつつあります。

「スキルアップジャパン株式会社」という社名でソフトウェア開発会社として2001年に誕生した同社は、医療情報事業の成長とグローバル化に伴い、2014年秋にリスキーブランドと共にコーポレートブランディングに取り組みました。

新しい社名アルム(Allm)はすべての医療を支える会社(All Medical)という意味です。舞台の上手(右の方)から現れているようなロゴタイプは、新しい医療のパラダイムを作りたい同社の情熱を示しています。
人体の血管網や神経回路網をモチーフとしたキービジュアルは、アルムの有機的なICTネットワークを示しています。AllmNetと名付けられたこのキービジュアルは、「Shaping Healthcare」というコーポレートメッセージと共にオフィスや名刺や封筒、WEBサイトにも使われています。

Work Scope:
新社名開発
ロゴデザイン
コーポレートメッセージ開発
オフィスインテリアデザイン
オフィスツールデザイン
ウェブサイトデザイン

Client株式会社アルム
[Works一覧に戻る]