グリルとは、シンプルだからこそ奥深い。緻密な計算に広がる無限の味わいを。

ヒルトン東京お台場はお台場のウォーターフロントに位置し、ヒルトンならではのホスピタリティはもちろん、都心に居ながら洗練されたリゾート感を味わうことが出来るホテル。ヒルトン東京お台場は2016年12月、ホテル2Fの空間を一新し2つのレストランをオープンすることを計画。世界中の観光客を魅了する東京を代表するようなダイニング・デスティネーションとして進化を遂げることを目的に、ブランディング・パートナーとしてリスキーブランドが選ばれました。

ヒルトン東京お台場が位置するのは、お台場のウォーターフロント。レストランから見える美しく煌めく東京の街並みが東京湾に反射して見える様子(The reflection of Tokyo)は、他では味わうことはできない魅力です。

立地調査、競合調査、ワークショップを通じて共有されたこの魅力を軸として、オールデイダイニング、グリル&バーのブランディングが進められ、コンセプト開発、ネーミング、ロゴデザイン、PRツールやムービー、ユニフォームなどの各種ブランディングデザインを行いました。

Grillogy(グリロジー)

シンプルだからこそ奥深い、グリル料理の高揚感をご堪能いただける場所。それが、Grillogy(グリロジー)です。

肉や魚介を炎の力で焼き上げるグリル。最適な焼き加減と繊細な香辛料の駆使によって、このシンプルな料理にこそ、無限の味わいを引き出すことができる可能性が秘められています。度重なるヒアリングや試食会で見えてきたのは、ソース、香辛料、付け合わせの野菜など、細部にわたり見ることが出来るシェフのグリル料理に対する探究心でした。Grillogy(グリロジー)という名前には、まるで学問のように、グリル料理を探求するシェフの姿勢、緻密な計算の奥に広がる無限の味わいが込められています。

キービジュアルは、Grillogyの中でもシグネチャーメニューとなる「トマホーク・ステーキ」をモチーフにしています。骨付きの重さが2kg以上の重量になる肉、そこから立ち上る白煙でグリル料理のダイナミックさ、またちりばめられたスパイスやハーブでグリルの奥深さが表現されています。

Work Scope:
レストランのコンセプト立案
レストランの名称考案
ロゴマーク開発、キービジュアル立案、ブランドガイドライン
ケーキボックス、紙袋、タブロイド、ショップカードなどのコミュニケーションツールのデザイン
制服のスタイリング

ヒルトン東京お台場のホームページ
https://www.hiltonodaiba.jp/

Clientヒルトン東京お台場
PhotographerGorta Yuuki
[Works一覧に戻る]