DAYもNIGHTも楽しめるイベントコンテンツ

ROSE WEEK 2018では、“都心のガーデンテラス”という自然に恵まれた施設の特性を打ち出すため、水の広場を赤坂プリンス クラシックハウスのバラを生かしながら、オブジェ、ケータリング出店など、豊富なイベントコンテンツで最大限に演出。また、昼だけでなく、東京ガーデンテラス紀尾井町の夜の魅力をお客様へ伝えるため、「DAYもNIGHTも楽しめる」イベントを企画させて頂きました。

光が灯るBIG ROSEの制作

コミュニケーションの軸となる視覚イメージとして、3メートルにもなる巨大でリアルなオブジェを制作しました。この大きなバラ「BIG ROSE」は、夜も楽しめるよう、花びらの内部に光が灯る設計に。また、トラフ建築設計事務所とともに、このオブジェを「ROSE BENCH」に仕立てたことで、バラを観に訪れたゲストがオブジェの下に集う休憩スポットとしました。夜になると、バラやベンチの隙間に明かりが灯り、昼に咲く満開のバラ達とは異なるムーディーな雰囲気に。まるで別世界に迷い込んだような幻想的な世界が広がり、まさに、コンセプトである「ローズとドリーミーな時間」が空間を包みました。SNSでも、InstagramをキッカケにこのBIG ROSEが大変な賑わいを見せていました。

ROSE WEEKスペシャルメニューが登場!

会場には、スタイリッシュなケータリングカーも集結し、ここでしか味わえないROSE WEEKスペシャルメニューを展開。窯焼きピザや、ロンドンベストサンドイッチに選ばれたトースティーなど、話題のケータリングカーが日替わりで登場し、大盛況となりました!

館内では昨年に引き続き、レストランでバラをモチーフとしたメニューを展開。花びらが美しく舞うカクテルからローズオイルを使用したサラダまで、個性あふれるメニューの数々がROSE WEEKを盛り上げました。また、@aromaがプロデュースした100%天然アロマのバラの香りが、五感をくすぐる心地よい空間を演出しました。

イベント企画・制作
クリエティブディレクション
アートディレクション
コミュニケーションデザイン
ウェブデザイン

Client株式会社西武プロパティーズ
Photographer皆川聡
Model小泉 深雪
ローズベンチ設計トラフ建築設計事務所
ローズオブジェ製作グレイ美術
[Works一覧に戻る]