Project

日本国内に向けたブランドメッセージ開発/コミュニケーションガイドライン策定(2012年~)

Background

メリタは、100年以上に渡り世界150ヵ国以上のカフェや家庭で愛されてきた、コーヒーの総合ブランド。
1908年に世界で初めてペーパードリップシステムを考案し、1970年代以降、トップブランドとして日本のコーヒー文化の土台を築いてきました。メリタジャパンは、メリタグループのブランドメッセージである「Coffee Enjoyment」を、日本国内に浸透させることを目的に、ブランドメッセージのローカライズ、並びにコミュニケーションの基準づくりに着手しました。リスキーブランドはそのパートナーとして指名されました。

Process

リスキーブランドは、マネジメントインタビューを通じ、「Coffee Enjoyment」の概念整理に着手。ブランドコンセプトとメッセージ、視覚イメージを作成し、定量調査とグループインタビューを通じて検証を重ねました。ターゲット層の心理を分析することで、日本国内に向けたブランドメッセージ「コーヒーのある、ひととき。」が開発されました。また同ブランドの視覚要素と表現の基準をルール化したものを、コミュニケーションガイドラインとして示し、同ブランドとターゲット層の接点における最適なコミュニケーションを設計しました。

Result

2012年以降、同社ではガイドラインの管理運用が進み、「コーヒーのある、ひととき。」というブランドメッセージを軸に、統一化されたコミュニケーションが展開されています。

Work Scope:
マネジメントインタビュー
定量/定性調査を通じたターゲット設定及び仮説検証
日本国内に向けたブランドメッセージの開発
コミュニケーションガイドラインの策定
展示会ブースデザイン

Clientメリタジャパン株式会社
[Works一覧に戻る]