Project

企業合併に伴うコーポレートブランディング(2007~2009年)

Background

NTTデータ ジェトロニクスは、国内有数の統合的なICTソリューション企業。中でも、SWIFT(国際決済システム)関連ソリューションやアンチ・マネーロンダリング・ソリューションなど高度な金融ソリューションサービスはメガバンクを中心に高い評価を得ています。同社は、1961年に設立された日本オリベッティを母体とする企業。2007年5月、㈱NTTデータが筆頭株主となったのを機会に、同社の新たなスタートの象徴としてコーポレートブランディングが導入されました。

Process

リスキーブランドは、市場調査・従業員調査やプロジェクトメンバーとの議論を通じて、新しいコーポレートビジョンの開発のお手伝い、統合的な視覚イメージの構築を行いました。

Result

新しいコーポレートビジョンは2008年5月に発表されました。
”Sense it. Make Wonders.―感じる心。創造する力―”というメッセージは、同社の際立った事業価値を表現。新緑のカラーパターンを基調とする視覚イメージを伴ってNTTデータジェトロニクスのアイデンティティとして同社の成長を支えています。

Work Scope:
従業員定量リサーチ
グループディスカッション
ビジョン開発支援
コーポレートメッセージの開発
コミュニケーション戦略
ビジュアルアイデンティティの開発
社内向けブランドブックの制作
新ビジョン発表イベント

Clientエヌ・ティ・ティ・データ・ジェトロニクス株式会社
PartnerJunko Yoda
PartnerSebastian Mayer
[Works一覧に戻る]